(第2版 2022/3/30~掲載)

日本ヒューレット・パッカード合同会社 Aruba事業統括本部  

 

玄海町(佐賀県)
観光を中心に防災、住民サービスの向上に寄与するインフラ基盤を整備自治体が
手掛ける公衆無線LANサービスをArubaで整備

【問い合わせ先】

https://www.arubanetworks.com/ja/company/contact-us/contact-us-form/

【概要】

佐賀県北西部に位置する玄海町では、観光施策を通して交流人口の増加や滞在時間の延伸を図るための基盤づくりが必要に。
同時に、災害時に必要な情報インフラの拡充や住民サービスの強化にも役立つ環境として公衆無線LANサービスを敷設しました。
その基盤としてArubaの提供する無線LANソリューションが採用されています。

 

株式会社バッファロー  

 

高セキュリティーと安定した通信を実現する公衆Wi-Fiを導入し、
関西屈指の来場者数を誇る施設へ成長。(海南nobinos様)

【問い合わせ先】

https://forms.buffalo.jp/biz/cp-contact

【概要】

和歌山県海南市に昨年開設された市民交流施設「海南nobinos」。地域に「賑わい」を創出するために、図書館機能だけにとどまらない市民活動生涯学習活動支援機能、子育て支援機能などを兼ね備えた施設の在り方を模索しました。市民の声も聞く中で、公衆Wi-Fiへのニーズが高いことを知った海南市教育委員会は、認証機能を有する公衆Wi-Fiを提供できるバッファローのFREESPOT導入キット「FS-M1266」と、デザイン性に優れ同時接続台数も多い法人用無線LANアクセスポイント「WAPM-1266R」を導入。これにより、多くの人が同時に、かつ安全に利用できる公衆Wi-Fiの環境構築を実現しました。

 

株式会社バッファロー  

 

町役場と公共施設で、快適につながるWi-Fi環境を整備し、
FREESPOT導入キットで、来訪者への無線LAN提供を実現(北海道むかわ町様)

【問い合わせ先】

https://forms.buffalo.jp/biz/cp-contact

【概要】

むかわ町は北海道中央(道央圏)南部に位置する勇払郡の町。2018年の北海道胆振東部地震で避難地における情報収集の重要さを実感した同町では、「道の駅(四季の館)」に防災インフラにも転換できる公衆Wi-Fiの敷設を計画しました。さらに穂別地区の「穂別キャンプ場」と「穂別博物館」には、高速インターネット回線に接続可能な町中心部の本庁舎と遠隔地を専用線でつなぐ広域イントラネット上に、認証機能を簡単に提供することができるFREESPOT導入キット「FS-M1266」を使用。屋内にはトライバンド仕様で多台数同時接続が可能な「WAPM-2133TR」を、屋外には完全屋外対応の「WAPM-1266WDPRA」を各施設に導入し、広域かつ大規模なWi-Fi環境の整備を実施しました。
また、集中管理ソフトウェア「WLS-ADT」により、災害時に認証不要でインターネット接続できる「緊急時モード」へ遠隔切り替えが可能。避難者・支援者の外部との通信に役立ちます。

 

株式会社フルノシステムズ  

 

岐阜県富加町役場 様

【問い合わせ先】

https://secure-link.jp/wf/?c=wf33833274

【概要】

岐阜県富加町では、役場や公民館、学校などの公共施設で00000JAPANに対応するWi-Fiネットワーク基盤を整備し、2019年4月より運用を開始しました。平常時のWi-Fiを00000JAPANに切り替える専用機器のWi-Fiモードセレクターを導入することで、複雑なシステム操作を経ることなく簡単かつ迅速に00000JAPANに切り替えられるよう、ネットワーク環境を構築しています。豪雨災害や震災が発生した際、避難所となる公共施設で住民が家族の安否確認などの目的で通信を使用できるよう、総務省の「防災等に資するWi-Fi環境の整備計画」に基づき整備しました。

 

株式会社フルノシステムズ  

 

戸田市役所 様

【問い合わせ先】

https://secure-link.jp/wf/?c=wf33833274

【概要】

戸田市は、2003年度より一部の行政施設において市民向けのインターネット接続サービスを開始しており、自治体として先進的なネットワーク基盤整備を進めてきました。その取り組みで得たノウハウをベースに、総務省の「防災等に資するWi-Fi環境の整備計画」の一環として、2019年2月より災害用統一SSID「00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)」に対応する市民向け公衆無線LANサービス『いいとだスポット』を始動させました。この『いいとだスポット』において、無線LANアクセスポイント「ACERA(アセラ)1110」をはじめとする無線LAN機器および管理システム、認証基盤サービスが採用されました。フルノシステムズの無線技術が、市民の皆さんの快適かつ安全な通信環境を支えています

 

第1版(2021/3/23~2022/3/30掲載)はこちら