趣味と仕事
折り畳み自転車で発見する街の違う顔

ミライト 吉田 裕子

元来、何かを調べたり訪れたり体験してみることが大好きで、いろいろなことに手を出しています。

日々のお気軽なものではカフェ巡りや書店巡りから始まって、
マニアックなものでは、神社の御朱印集め、仏像鑑賞、天体観測や美術館巡りなど、
いろいろなところに行って、いろいろなものを見たり聞いたり体験するのが楽しみでもあります。

最近では外出先でのお気軽な移動手段として、折りたたみ自転車を導入し、いろいろなところを巡るポタリングを楽しんでいます。

遠出も可能、旅先でも活用

折り畳み自転車の良いところは、その気になればいつでも自転車を折り畳んで自動車に積んだり
電車などの公共交通機関を利用することができることにあります。帰りの体力を顧みず遠出をしたり、旅先での移動手段として活用したりということが気軽に行えます。

 

折り畳み自転車で参加するいろいろなイベントも企画されていて、先日その機動力を活かして街を駆け巡るロゲイニングの大会に参加しました。

ロゲイニングでは、配布された地図にある撮影ポイントを巡りチームでポイントを競いあいます。
撮影ポイントの中には、「○○の記念碑」や「〇〇のオブジェ」などで行ったことがあっても気にしたことがないようなレアなものが殆どです。また、ポイントの中には「豚まんを食べる」などグルメポイントもあります。
私たちは、地図とにらめっこしながら、都内を必死に走り回りポイントを探していきます。

普段は仕事で移動するだけの東京の街が、それとは全然違う顔をみせてくれ発見の連続です!
今回は制限時間ギリギリまで頑張りましたが、結果は残念ながら入賞とはなりませんでした。それでも競技を終えてみて心地よい疲労感 と満足感に包まれ、また次回参加するのが楽しみです。

癒しの猫たちと過ごす時間

一方、平日はなかなか思うように時間が取れずストレスフルな日々なのですが、
唯一にして最大の癒しは「猫たちと過ごす時間」です。

我が家には、2歳半の「つき」と新たに迎えたばかりの生後3ヶ月の「ふく」の2匹の猫がいます。
2匹とも大型種の猫で、「ふく」はまだまだちびっこですが、「つき」の方はすでに体重が6kgもあります。
特にオス同士は相性もありうまくいかないこともあると聞いていたため、2匹を初めて引き合わせる際は部屋を隔離して時間を置いたりと、細心の注意を払いながら数日間見守りました。

今では、2匹がなんだかんだとイチャイチャ仲良く過ごす姿に癒される日々です。
毎日帰ると、2匹が玄関で迎えてくれ、そこからたくさん遊んで就寝まで一緒に過ごします。
朝は後ろ髪を引かれながら会社に出社するという、「ねこっ可愛がり」という言葉がありますが、まさにそんな毎日です。

そんな猫たちに感謝しつつ目いっぱいの愛情を注ぎ、ストレスフルな日々を乗り越えています。
趣味とは違いますが、「ねこたちと過ごす時間」が一番ほっとする私の大切な時間です。


■Wi-Biz通信(メールマガジン)の登録はこちら