活動報告
普及促進委員会
デジタルカタログを制作、配布しやすく大幅に改善
普及促進委員会副委員長 武井則彦

2016年度普及促進委員会のアクティビティとして進めていたカタログ制作が3月27日に無事にリリースできました。

http://www.wlan-business.org/catalog/top.html

今回はデジタル化することにより、紙での制作に比べコストの削減や改定のしやすさ、配布のしやすさなど一定の改善を盛り込んだ一品となっています。

37社・115ページの大作

総ページ数115ページ、掲載企業総数37社と大作が仕上がったわけですが、各社様におかれましては質の高い原稿を制作いただき、カタログの仕上がりとしてはかなり良いものができたのではないかと思う一方で、ご参加いただけなかった企業様へのアプローチをもう少し柔軟にできればさらに充実した内容にできたのではないかとの反省もあります。

また、章ごとのボリュームについても、事例の章が相対的に少なくなってしまっていることも今後の改善点かと思います。

さらに高度化への期待

会員企業様が扱っている製品やソリューションなどを今後さらなる訴求をしていくためには、いろいろな工夫の余地があると思っており、例えば、VRを活用して製品やソリューションを実際に体験できたり、ビッグデータやAIを活用して、その人が本当に欲しい情報を瞬時に表示したりと、昨今過熱気味の技術を活用することで、Wi-Bizならではの高度なカタログや情報発信ができるのではないかと期待しています。

その実現については後任のカタログ担当の方にお譲りしますが、Wi-Bizに参加している皆様の知見を結集すれば近い将来必ず実現できると信じています。

最後に、今回のカタログ制作にご協力いただいた皆様に、この場を借りて御礼申し上げます。