海外情報
LTE無制限プランが出てもWi-Fiの利用は伸び続ける
岩本賢二

2月号のメルマガで、Sprintが2016年8月からLTE無制限プランをリリースしてWi-Fiの利用量がどうなったのかという記事を書きましたが、その後各社のトラフィックがどう推移したのか2017年第一四半期のデータが公表されましたので、比較してみることにしました。

2016年1月~8月の平均トラフィックのデータ

2016年10月~12月の平均トラフィックのデータ

2017年1月~3月の平均トラフィックのデータ

ここでSprintのトラフィックの変化に注目するために表にしてみました。

第四四半期でSprintのWi-Fi利用量は一時的に減少したものの、たった3ヶ月足らずで利用者はWi-Fiに回帰してしまったことが分かります。それどころか、利用量がさらに増えています。
LTE無制限プランが出るとWi-Fiの利用量は減っていくと思われがちですが、どうやらそれに関係なくWi-Fiの利用量は増えていくように見えます。

ここで視点を変えて、Wi-Fiを利用する時間の率がどのように変化していったかを見てみたいと思います。

24キャリアのWi-Fi利用時間率2016年1月~8月

2016年8月にSprintがLTE無制限プランをリリース!

4キャリアのWi-Fi利用時間率2016年10月~2017年3月

Sprintが8月に無制限プランを出すまではWi-Fiの利用時間率が減少傾向にあったにも関わらず、無制限プランをリリース後はなぜかWi-Fiの利用時間率が順調に伸び続けています。

利用時間率は利用量とは異なりますので注意が必要ですが、LTE無制限プランがリリースされたにも関わらず、その後Wi-Fiを利用している時間が増えていくというのはとても不思議に思えます。

今後も定点観測をしていきたいと思います。

参考:
Wi-Biz通信 http://www.wlan-business.org/archives/8309
FierceWireless https://goo.gl/jvlvII
FierceWireless https://goo.gl/Z857Vj
FierceWireless https://goo.gl/3IVM0J


■Wi-Biz通信(メールマガジン)の登録はこちら