全体報告 運営会報告
総会に向け第1回運営会を開催しました
無線LANビジネス推進連絡会 事務局

4月21日、2017年度第1回運営会を開催し、今年度の飛躍を目指して活発な議論を行いました。

第12回定時総会関連を議決

運営会では、5月10日に開催する第12回定時総会資料の最終確認をメインとして議論が行われました。項目ごとに、ポイントを整理します。

1. 第12回定時総会関連

(1) 資料の最終確認
・2016年度事業報告、2016年度決算、2017年度運営体制、会則の変更、2017年度事業計画、2017年度予算について確認しました。
・「企画・業務委員会」の名称を「企画・運用委員会」としたいとの提案が出され、了承されました。
・監事監査は4月25日に実施予定との報告がありました。
・上記資料に監査報告を添付の上、4月26日までに会員向けに総会の招集通知をメール発信することを確認しました。

(2)総会運営について
・総会及び懇親会の進行、役割について確認しました。
・総会の会場レイアウトについて確認しました。
・総会当日の応援要員の派遣について事務局から要請がありました。

2.委員会報告

委員会の再編を控えていることもあって、委員会活動は実質的に休止状態でした。

(1)普及促進委員会、2020委員会
・4月12日に開催した合同セミナーの結果報告がありました。概要は以下のとおりです。
・準備期間が短かったが、100名を超える参加者を迎え、無事終了した。
・でんぱ組.inc.との提携発表も行ったためWi-Bizとして未経験の予算規模となったが、各種媒体での記事の露出を考慮すると費用対効果は十分高かったものと判断できる。
・でんぱ組.inc.との提携効果を持続させるため、SNSを活用したいとの提案があり、了承しました。
・Wi-Bizのロゴ入りバックパネルは再利用可能であり、事務局で保管する。
・今回のセミナーの企画・運営に関する資料を事務局で保管し、今後のセミナー開催においてノウハウの共有を行う。

3.インターロップへの参加について

・インターロップへのWi-Bizの参加については、正会員である株式会社フルノシステムズのブースで「Wi-Biz」と「00000JAPAN」の露出を行うことで進めるとの報告がありました。

以上


■Wi-Biz通信(メールマガジン)の登録はこちら