新製品
「WHG-AC1750A」シリーズ 「災害用SSIDの開放」機能に対応

法人向けアクセスポイント「WHG-AC1750Aシリーズ」が、ファームウェアアップデートにより、大規模災害時に無線LANによる通信環境を開放、提供する「災害用SSIDの開放」機能に対応致します。
※無線LANビジネス推進連絡会が提唱する災害用統一SSID「00000JAPAN」の運用が可能になります。

災害用統一SSID「00000JAPAN」とは、無線LANビジネス推進連絡会が「大規模災害発生時における公衆無線LANの無料開放に関するガイドライン」で提唱している災害時の統一SSIDです。

無線LANアクセスポイントのSSIDを「00000JAPAN」、ユーザー認証や暗号化を行わないことを共通設定とし、大規模災害時に避難場所で被災者が、スマホやタブレットで災害時の安否確認や災害情報を確認できる無線LAN通信環境を提供する取り組みです。
(ガイドラインや参加資格については下記URLをご参照ください)

・大規模災害発生時における公衆無線LANの無料開放に関するガイドライン
http://www.wlan-business.org/customer/introduction/feature/00000japan_v3

・災害用統一SSID「00000JAPAN」参加資格
http://www.wlan-business.org/wp/wp-content/uploads/2016/03/917e1fcb57d4badd1601f4d2c3943159.pdf

製品紹介サイト
http://www.iodata.jp/product/network/ap/whg-ac1750a/

株式会社アイ・オー・データ機器
http://www.iodata.jp/


■Wi-Biz通信(メールマガジン)の登録はこちら