委員会報告
デジタルカタログ、Wi-Fi知恵袋の作成を準備
新技術導入促進委員会 吉田委員長

平成29年2月23日に開催されました「新技術導入促進委員会」の活動模様を報告します。

① 情報提供
Wi-Fiに関連するタイムリーな情報提供を行いました。
現在、総務省からの委託で開催されている技術試験事務「5GHz帯(W58)無線LANシステムの使用周波数帯の拡張に伴う周波数有効利用に関する調査検討会」について情報提供がありました。
配下にWGを設置し、無線LANとDSRCとの共用条件の検討、3月に行う検証試験の内容が紹介されました。3月下旬に報告書が取りまとめられる予定との報告がありました。

また、5GHz帯の無線LANシステム使用周波数帯拡張検討につきましては、WRC-19に向けた議題1.16対応として「5GHz帯無線LAN国際標準化対応作業班」が組織され、第1回会合(2/6開催)にて、活動方針、ITU-R WP5A等への対処方針等が議論されたことが情報提供されました。

② 各社製品紹介ページの作成
普及促進委員会と合同で作成しているデジタルカタログについて、概要説明、進捗状況の共有がなされました。各社から製品、サービスの状況を集めているところであり、引き続き作業を進めたいとの報告がありました。

③技術情報の充実
Wi-Fiの構築を目指しているエリアオーナーの技術者をターゲットとして技術情報を提供する「Wi-Fi知恵袋」については、松村副委員長より現在の作成状況が報告され、その内容、作成スケジュール等について議論しました。有志により執筆が進められておりますが皆様のご協力もよろしくお願いします。

今後、5GHz帯の利用周波数拡大の検討については、上記の調査検討会及びWRC19に向けた作業班などの動きが活発になっています。引き続き、新技術導入促進委員会にて情報提供を行っていく予定です。


■Wi-Biz通信(メールマガジン)の登録はこちら